Kamosの星芋販売中!人参堀りイベントをコッソリ開催しました。

, ,

3月中旬になりました。気温の乱高下が激しく体調がなかなか整わない日々が続いています。みなさまはどうですか?

冬に植えた人参もそろそろ花を咲かせてしまうということで、大々的にはできませんでしたが、近しい方々で人参掘りイベントを開催しました。

お子さん連れで皆さん来ていただいて、人参を抜いたり、麦畑を駆け回ったりして、楽しんでもらえたようです。

楽しいイベントになったので来年以降も秋と春、星芋づくり?など企画できたらよいなと思っております。

 

今シーズンの星芋も残り僅かとなりました。

平干しのみ400g、1kg販売しております。

シーズン終盤の味も乗りに乗った星芋を是非よろしくお願いいたします。

現在のみ、紅はるか、在来泉ご購入の際指定可能です。(状況によりご希望に添えない場合はすみません)

 

雑談

先日ご購入のお客様から、テレビのほしいも特集を見た時に、(うちのはテレビにでてませんがテレビってすごい)

口コミで私は買ってみるならここのにしようと思いましたと言われて、嬉しい思いと、身の引き締まる思いがしました。お客様に満足していただけるよう。色んな事を真剣に楽しんでいこうと思います。

 

 

Kamosの星芋予約開始まであと一週間!!(照沼担当お野菜の紹介)

, ,

この週末は雨模様金曜日から雨続きですね。12月も暖冬予報ですが、昨年より体感的には冷え込みが早いように感じます。

さてKamosの星芋予約販売まで残り1週間となりました。昨年度のご購入お客様にはご案内を本日発送させていただきました。

今シーズンもよろしくお願いいたします。

今シーズンもKamosの星芋 をよろしくお願いいたします。

今シーズン購入される際の変更点がいくつかございますが、詳細はまた後日なのですが、

・消費増税10%に伴う送料の改定

・クレジットカードによるオンライン決済の導入(Visa/MasterCard/American Express)

・5kg以上ご購入のお客様限定の簡易梱包(再生段ボール)によるお値引き

が現時点で予定されております。12月1日に間に合わない場合は、随時導入予定です。詳細をお待ちください。

 

さてKamosの星芋にむけて忙しい毎日が続いておりますが、Kamosのメインである小松菜やほうれん草以外に期間的に作っているもので、トマト、菊芋の他にも、僕が少量ですが担当させていただいている野菜を紹介させてください。

<<Kamosの微生物に育てられたお米>>

お米も色んな微生物が育ててくれてます。土にいる微生物はもちろん水の中に住む微生物藻類などが稲と共生しあってお米に必要な要素を供給します。それを阻害しないように、できるだけ土に稲わらなどを還元して作っています。

よーく見ると川から稚魚たちが泳ぎに来てます。

お米に関しては、稲わら以外のものは、有害物質を抑制する(食べる)光合成細菌のみです。土と水が微生物によって綺麗にされると自然とお米もおいしくなります。6年目になりますが、肥料と呼ばれるものがなくてもお米は普通かそれ以上に育ちます。お米自身が自分で必要なものを作り出している感じですね。ぜひ一度食べてみてください。

※お米に関しましては無農薬栽培にすべく試行錯誤が繰り返しておりまして、その中で最小限の初期除草剤を1回使用する選択をしております。

お米5kg 2376円税込 10kg 4320円税込 30kg11880円税込 別途送料

通販も可能ですので、kamosmai@gmail.com 

までお問い合わせください。

<<人参>>

3年前から始めた人参栽培も昨年から安定してようやく供給できるようになりました。試行錯誤ですが発芽と土づくりの基本がようやく出来てきた感じです。先日は、さつまいもの収穫終わりにKamos横山夫妻のお知り合いの家族さんに人参堀体験をしてもらいました。親御さんも子供たちも人参抜くのに夢中になっていました。

炒めても煮ても、ピクルスでも甘みがぐっとのっている人参です。ぜひお手に取ってみてください。

Kamosのお野菜を使用している水戸周辺のカフェやレストランでも味わっていただくことができます。

人参は主にカスミフードスクエア東海村舟石川店、たまに笠間店他に置いております。お米は舟石川店にのみございます。

通販も可能ですが、こちらはKamosの星芋のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

東海店は地場野菜のKamosのお野菜が充実しております!

雨が降って身体がだるくなりがちですが、美味しいご飯を食べて乗り切りましょう!

 

 

 

 

 

 

 

微生物達との共鳴

, , ,

今年の梅雨は長引き、野菜も人の身体も太陽を欲している最中です。

長雨の中、自分自身との対話で色々なことを思考します。

 

自分自身が畑で土の中の微生物達と直接話をするわけではないですが、色々試行錯誤して対話する。

その反応は良くも悪くも作物に出てきて、それが微生物達が応えでよく育ってくれた時には、最高な気分になるし、うまくいかないときはどうしたら良い反応をもらえるか試行錯誤する。

そんな微生物達との共鳴が楽しい時間だし作物が育っている時が、僕はとても好きな時間です。

最初に植えた泉もそろそろ通路に進出

日照が欲しい紅はるか木の陰あたりはちょっと色が薄いです。

 

畑って環境も微生物も人も違うので、みんなそれぞれ違うのも面白いし、生き物達との共同作業によって作られる野菜や果物は一種アート作品のようでもあります。それを皆さんに買っていただけたり食べていただけて感じてもらえたり、美味しいとか好きだとか言ってもらえるのも最高ですね。

人参用太陽熱マルチと緑肥のソルゴー畑、風が吹くと心地よい

個人的な実験ハウスでトマトとナスを定植とれ初めは8月末かな

お米は日照不足で葉先がどこも黄色いですが、そんな中でも頑張って分けつしてます。そろそろお日様が欲しい所

そのためには自分自身が自分の表現ややっていることのファンであり続けること、常に最良を尽くして微生物と向き合うことが必要だなと改めて思うこの頃です。