7月~9月までのKamosの星芋 

, , ,

10月に入りました。
またまたご無沙汰してしまいましたが、お変わりありませんか?

前回のブログ更新から4か月、さつまいも達もぐんぐん伸びて、その間も除草作業頑張りましたよ!

生育初期の6月の通路除草風景 ここが重要

芋蔓が繁茂して7月最後の除草3回~4回目です。ここからはほぼほぼ無除草 サツマイモが天下を取って草が生える余地がなくなります一安心!

夏の終わりごろのサツマイモ畑、来年の土づくり用の緑肥もよく育っています。

在来種の泉は短い期間ですが花が咲きます。素敵な花なんですよ。サツマイモはアサガオと同じヒルガオ科サツマイモ属

また、栽培の他にもこの4か月で「ほしいも生産者としての成長」を感じた出来事が2つありました。

1つは「食品衛生責任者」の取得!
これまでも衛生管理は徹底してきましたが、資格を取ることで改めて食品を扱うものとしての責務を感じました。

地域のほしいも生産者さんと一緒に集中講義を受けてきました。

修了証書、衛生管理の責任者として気が引き締まります。

2つ目は、「ほしいも三ツ星生産者」の認定!!
ひたちなか・東海・那珂ほしいも協議会では、消費者に信頼されるほしいも産地を目指して、
生産履歴の記帳、衛生加工の実践、適正品質表示の3項目を充たした生産者を審査認定する「ほしいも三ツ星生産者認証制度」を設けています。
【引用】ひたちなか・東海・那珂ほしいも協議会http://hoshiimo.org/3star

昨年審査していただいて、このたび認定をいただきました!

猫背がシャンとする思いです。

より信頼される生産者になるべく精進していきます。

もうすぐ芋掘り、がんばるぞ(;´・ω・)

2021年3月~6月までのKamosの星芋

,

御無沙汰しております。

自身の身の回りがバタバタしておりまして、ブログも3か月も空いてしまいました。

皆さんいかがお過ごしですか?お変わりないでしょうか?

3月~6月のKamosの星芋の状況をお知らせしたいと思います。

2021年の星芋3月からスタートしておりました。まずは育苗用ビニールハウスの延長作業

サツマイモの作付け量を毎年少しずつ増やしていたのですが、ちょっと冒険して多めにさつまいもを作るため苗床となるハウスを延長しました。ハウス建てはKamosで働けば何回も立てたり補修したりしますので、自分で建てられるようになります。。ハウスを自分で建てたい方はKamosへgo!ですね。お待ちしております。

3月苗床を急ピッチで建てて苗になるさつまいもを植え4月5月下旬、ようやく苗がそろいました…と言いたい所でしたが実際は少しまばらになってしまって、予定数をかなり下回ってしまいました( ;∀;) 近隣の農家さんから紅はるかの苗を全体の半分量調達 来年は育苗の設計や種芋、苗の管理などを改善していく所存です。来シーズンはわしゃわしゃにするぞ!

さつまいもの苗床

苗取り作業

6月になるとかなりの量が取れました。作付け量が多くてあせりすぎたかもしれません

肝心の植え付け作業、2021年はとても天気が読みやすく、5月後半からの苗植えが順調に進み6月3日には終了。とはいえ重労働にはかわりなく、今現在筋肉痛です。皆さんお疲れ様でした。

4日に雨が降ったので苗が根付くのは間違いないでしょう。これからは補植と除草管理作業の日々が始まります!

Kamosの星芋2020年シーズン完売のお知らせ

,

2月25日をもちまして2020年シーズンのKamosの星芋が完売しました。

ご購入していただいた皆様ありがとうございます。

パートさん達と今シーズン最後の談笑ありがとうございました。

今シーズンは昨年とガラリと栽培から加工までやり方を工夫して、規模自体は変わらないものの、いろんなことを試してみました。そこで得たものは大きく、来期の星芋に繋がる手ごたえを感じました。

また課題も多々あり、まだまだ未熟な星芋で、皆様に長い時間をおまたせしてしまったり、納得のいくものが届いているのか不安な日々でしたが、励ましのお言葉に支えられここまで来れました。

来期はもっとクオリティの面や、お待たせする時間、サービス面での充実などが課題です。改善を重ねより良い星芋が作れるよう精進いたします。

星芋ブログで日々の様子をお伝えしますので、来期2021年のKamosの星芋までしばしお待ちください。

Kamos照沼